2016年09月22日

日本で発見された新しい原子って!?「113番目の元素」

先月に新しい原子が日本で発見されて話題のニュースになっていましたが
新しい原子が発見されたときには名前はどうやって
付けているのでしょうか?
勝手に見つけた人がつけていいのか?
いえいえそんなことはありません!
IUPAC≪国際純正・応用化学連合
(こくさいじゅんせい・おうようかがくれんごう)≫
という新しい元素や化合物が発見されたときには
この機関の定めた命名法が使われているようです。
このIUPACで先月の16日にこう発表されていました!

IUPAC is naming the four new elements 

nihonium


日本で発見された113番目の元素の名前は

「ニホニウム」(元素記号Nh)だそうです。

周期表
13族の元素は~ium↑

がついているのでそれになぞらえて決められたのでしょう。

①発見者は理化学研究所の

森田浩介(もりた こうすけ)氏らのグループ」

寿命は1000分の2秒で一瞬ですねキラキラ

③作り方は亜鉛にビスマスを衝突させて

 原子融合を行う形でしょうか・・・

④ちなみに93番目からの自然界に安定して存在していない

元素は超重元素といわれて人工的につくることができると言われています。

 ニホニウムの名前は発表後5か月間はこの名前で

いいか検討しています。(パブリックプレビュー期間)

入試に出るかもよ!good

ちなみに新発見元素は「ニホニウム」だけでなく全部で4種類!
115番目の元素 モスコビウム←モスクワで発見!
116番目の元素 テネシン←アメリカのテネシー州で発見!
118番目の元素 オガネソン←発見者の人名から!
 
     ・
     ・
     ・
     ・

9月生募集中本

無料体験入塾もできますニコニコ

↓慈友塾の情報は、こちらからどうぞ↓
慈友塾のホームページロケット



同じカテゴリー(そ~やっちゃ~)の記事画像
部活動と慈友塾!
激動の時代・昭和
明治⇒大正⇒昭和⇒平成⇒?
旅立ちのとき
都農高校再編統合③
都農高校再編統合②
同じカテゴリー(そ~やっちゃ~)の記事
 部活動と慈友塾! (2018-04-20 19:12)
 激動の時代・昭和 (2018-04-19 23:38)
 明治⇒大正⇒昭和⇒平成⇒? (2018-04-13 18:42)
 さあ、4月です。 (2018-04-02 17:00)
 旅立ちのとき (2018-03-23 23:50)
 都農高校再編統合③ (2018-03-16 18:40)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本で発見された新しい原子って!?「113番目の元素」
    コメント(0)