2015年10月27日

佐土原探訪8

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

    ・
    ・
    ・

今回は、1600年天下分け目の関ヶ原の戦いで活躍した、

佐土原城城主
島津豊久公のお話本

↓入り口の看板に説明書きがありますめがね

戦いの中で孤立してしまった島津軍・・・、

敵中突破する際に、伯父である島津義弘公を守るために

身代わりとして戦死してしまいます泣き

その豊久公のお墓が佐土原にあるんですキョロキョロ

↓佐土原中を過ぎて左側にひっそりとこのような入り口があります家



↓お墓が見えてきましたが、小さな看板アセアセ

↓けものが出てきそうな山道になり赤面

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・


↓坂を登りきるとありました!

天昌寺跡・・・昔むかし、お寺があったようですもみじ

そして、こちらが豊久公のお墓↓

↓こういう並びになっていました・・・

秀吉の九州征伐のときに病死した父(一説では毒殺)

島津家久公のお墓もありましたヒ・ミ・ツ

そして、

↓関ヶ原の戦いで命を落とした家臣たちのお墓もありましたヒ・ミ・ツ

歴史に興味のある人、もとい”歴史好き"なら、

悠久の時の流れを感じことができる至極の場所ですヒ・ミ・ツ

ウィキに飛びますロケット
島津豊久

佐土原町は豊久公と“ドリフターズ”

町おこしができるgoodと思う!
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

秋は勉強がしたくなるチョキ

11月生募集中本

無料体験入塾もできますニコニコ

↓慈友塾の情報は、こちらからどうぞ↓
慈友塾のホームページロケット
  


Posted by 慈友塾 at 16:25Comments(0)佐土原探訪

2015年04月16日

佐土原探訪7

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

     ・
     ・
     ・

前回の続きで、広瀬村古墳第45号についてスマイル

場所は、一ッ葉有料道路から佐土原バイパスに入り、

右側に曲がりはじめる場所の左側にありますうま


グーグルマップに飛びますロケット
中央の茂みのところが広瀬村古墳第45号

雑木林と溶け込んでしまい、

前方後円墳の形は確認しづらいですワーイ

     ・
     ・
     ・

そして、気になる南側にある祠は、

吾平神社(あひらじんじゃ)という名前でしたピカピカ

↓奥が前方後円墳!!!


なんと、広瀬村古墳第45号は吾平山上陵とよばれ、

ウガヤフキアエズのお墓といわれているオドロキ

知る人ぞ知るオドロキオドロキ

初代神武天皇のお父様なのですオドロキオドロキオドロキ

と言っても複数の伝承地が存在するらしく、定かではありませんクローバー

しかし、調べてみると面白い発見があるものですgood

     ・
     ・
     ・

今回参考にしたHPはこちら・・・飛びますロケット

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅
吾平山上陵

みやざきの神話と伝承101
吾平山上陵

ウガヤフキアエズのWiki
ウガヤフキアエズ





お問い合わせは、
佐土原校・本部黒電話0985-73-7257まで


↓慈友塾の情報は、こちらからどうぞ↓
慈友塾のホームページ 
慈友塾&WIN
  


Posted by 慈友塾 at 00:00Comments(0)佐土原探訪

2015年04月14日

佐土原探訪6

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

     ・
     ・
     ・

昨日の佐土原校の中1社会の授業でのはなし花まる

統一模試のやり直しをしていると、

前方後円墳の形を答える問題が出ていましためがねそこで、

「ここから一番近い前方後円墳はどこでしょう?と質問すると、

「西都原古墳じゃないと!という答えスマイル

「いやいや、広瀬中校区にあるじゃんパー

「まじ、どこどこオドロキ

というやり取りがありましたピカピカ

・・・念のため確認に行きましたところ、


↓確かに案内板には、前方後円墳の形が見えますめがね

↓近すぎてわかんない・・・広瀬村古墳・第45号
↑筍が生えてた晴れ

↓南側に祠がありましたピカピカ



↓引きの写真は・・・、やっぱり形はわかりませんガーン

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

歴史の勉強ネタは、案外近くにあるんですが、

もう少し、調べることにしてみます万歳

場所も次回明らかにします・・・・・・・・・・・・つづく



お問い合わせは、
佐土原校・本部黒電話0985-73-7257まで


↓慈友塾の情報は、こちらからどうぞ↓
慈友塾のホームページ 
慈友塾&WIN


  


Posted by 慈友塾 at 19:12Comments(0)佐土原探訪

2014年05月09日

佐土原探訪5

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

    ・
    ・
    ・

今回は、少しミステリアスなものを発見しましためがね

ゴールデンウィークも終わり、休みの間に借りていた本を返却に

佐土原図書館に行きましたスマイル

駐車場からふと東側を見ると、



こどもの日は終わりましたが、5月の青空に

佐土原名物『くじらのぼり』が気持ちよさそうに泳いでいました拍手

ここからは、佐土原の街並みが一望できるところなので、

いつも気持ちいいと思っていましたが、

ふと下を見ると、

祠がありその横には、

↑いくつものお地蔵さんが並んでいましたオドロキ

なぜここに?いつ頃から?なぜこんなに?

歴史好きのわたしにとっては、とってもミステリーキョロキョロ



入り口付近の手洗い石には、

『進寄 廣瀬村 杉村倫一』とありました!?

調べてみますめがね本めがね


  


Posted by 慈友塾 at 19:29Comments(0)佐土原探訪

2014年01月31日

佐土原探訪4

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

    ・
    ・
    ・
前回のつづきです。
今回は佐土原の広瀬西小学校近くの池のおはなし


車道から見える堤防の近くに立て看板と碑文らしきものあり・・・

と、いつも気になっていました。

     ・
     ・
     ・

車を止めて近づいてみるとそこには、


『この毘沙門池は、安政七年(西暦1860年)にこの地を治めていた
島津家によって築堤され、主水源として先祖伝来の水田を潤し、
今日に至るものである。・・・』

中学3年生は、安政といえば、安政の大獄を思い出すでしょうスマイル
(中2もいま習っているところ!!

1858年・・・井伊直弼が大老に就任
1859年・・・安政の大獄
1860年・・・桜田門外の変

まさに、幕末の混沌とした時代です。

佐土原藩最後の藩主11代忠寛公が
民のために造成した有難いため池だったのですキョロキョロ

その忠寛公も大政奉還、明治維新、西南戦争と時代の渦へ・・・

身近なところに授業ネタがあるもんだめがね

    ・
    ・
    ・

さて、来週はいよいよ県立高校推薦入試ですクローバー

あすは、ディベートの練習を新富校で開催します。

緊張×100作戦で、本番を乗り切れ拍手
  


Posted by 慈友塾 at 17:14Comments(0)佐土原探訪

2014年01月29日

佐土原探訪3

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

    ・
    ・
    ・

私立高校入試対策が終了したので、少し骨休めに最近気になっていたところに行って来ましたアシ



↑こんな史跡の案内看板を見ると思わず車から降りて見てしまいます。

那珂地区のファミリーマート横にある横穴古墳群の案内看板スマイル

地下式横穴墓ではなく、文面から斜面に横穴を掘って埋葬したタイプのようです。

     ・
     ・
     ・


こちらは、宮崎県総合農業試験場の北側にある、広瀬村古墳クローバー

一ツ場有料道路と国道10号線バイパスの合流地点付近にあり、最近まで知りませんでしためがね

円墳、前方後円墳、横穴墓が点在していますキョロキョロ


↑夕暮れと円墳3基

     ・
     ・
     ・

慈友塾のある佐土原・西都・児湯地区は日向の歴史の舞台になっているところが多く

大変勉強になります万歳

おっと、入試に出そうな年表発見チョキ

→宮崎の歴史 ・・・ みやざき文化財情報

  


Posted by 慈友塾 at 17:59Comments(2)佐土原探訪

2013年05月02日

佐土原探訪2

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

今回は、佐土原城あとにできている鶴松館を訪問しました。




佐土原城は、14世紀半ばに田島休助という武将により築城されました。
ちょうど都では、室町幕府の足利尊氏から足利義満(一休さんでおなじみの将軍様)の頃と考えられます。

鶴松館は佐土原の歴史と文化がわかる資料館です。
佐土原地区の先土器時代から明治維新・西南戦争までの流れが学べます。

歴史好きのU先生、I先生、S先生はずっとほほーぉオドロキ状態でした。

佐土原校の中学2年生の塾生が、小6のときに作成した歴史の資料が展示されてました。
・・・佐土原は、むかしむかし佐土草という野草がたくさん生えていたので佐土原になったんだよね、Mさん!

いつの日か、佐土原城の山城にも登ってみたいですダッシュダッシュダッシュ





枯山水にてもののふの魂にふれるU先生
  


Posted by 慈友塾 at 15:41Comments(2)佐土原探訪

2013年04月26日

佐土原探訪1

慈友塾の先生は地元大好き!
時間があるときには、授業のネタになりそうな地元スポットに出現していますクルマ

今回は、佐土原校から一番近い史跡の
久峰観音を訪問しました。

第三十代敏達天皇(572~585)の朝、勅令により高僧日羅上人の
創建と伝えられています。・・・入り口の案内図にありました。
『593(ごくろーさん)の聖徳太子、推古天皇の摂政』よりも前のお話!すごいですね!

戌の日の安産祈願→うちの子どもたちはお世話になりましたニコニコ

開運厄除→佐土原校の久峰中3生が合格祈願で見事合格しましたチョキ

社の右奥のほうには撫地蔵様が着物を着て鎮座していましたスマイル


仁王様とU先生

久峰公園の展望台からもアクセスできます。
あの長い階段をのぼっていく自信があるひとはどうぞ!
  


Posted by 慈友塾 at 19:27Comments(4)佐土原探訪